2021年の台湾アップルマンゴーの季節がやってきました。

今年も台湾アップルマンゴーの季節がやってまいります。
台湾マルシェでは、新鮮なマンゴーを7月の中旬より日本へ輸入いたします。
生産状況やご予約状況に応じて7月上旬になるかもしれません。

台湾マルシェでは台湾屏東県と台南県の2つの地域のマンゴーを輸入しております。
たくさんの農家さんと提携しており安定した量と確かな品質のマンゴーのお届けが可能です。
また、鮮度を保つには保存温度が3℃〜5℃とされております。
鮮度を損なわないように、収穫されその日のうちに台湾から空輸しております。
日本に入って来た台湾アップルマンゴーも鮮度を損なわないよう、台湾マルシェのスタッフが空港で立会い搬入を行い細心の注意をはらっております。
厳しいチャックのもと、クール便で皆様のもとへお届けいたします。

生産地:屏東

屏東地域のマンゴーは、台南よりも早い時期から出荷が可能です。
7月の早い時期のものは屏東の物が多いです。

屏東地域では去年シーズン後から今年の1月までの気候が安定していて、マンゴーの育ちやすい環境でした。

ひとつひとつ丁寧に育てられている台湾アップルマンゴー
ひとつひとつ丁寧に育てられている台湾アップルマンゴー

台湾アップルマンゴーのご購入はこちら
台湾アップルマンゴー 5kg
台湾アップルマンゴー2.5kg